手づくりの結婚指輪

結婚指輪は一生に一度のもの。二人で考え、思い出に残る結婚指輪ができたら幸せですね。


手作りの結婚指輪なら、シンプルなデザインで作ることが多いので、専門店やデパート等で買うより安くできます。


手作りは、指輪の本体にくる部分をまず地金を小型のローラーで延ばし、必要な長さや幅、厚みの板を作ります。その板を丸めて輪を作り、母材よりも低い融点に調整されたロウを使って溶接をし、その後、側面や表面をヤスリで整形します。


石座や石を留める爪なども地金から整形し、本体にロウ付けしてゆく。タガネと呼ばれる金属用の彫刻刀で唐草や文字などの装飾を行うことも多く、これを彫金と言う。


結婚指輪

結婚指輪の最近の流行として、日頃から常に身に着けるものですので、飽きのこないシンプルなデザインが人気ですよ。


女性はダイヤモンドをあしらったデザインを購入する人が一番多いですが、最近は男性でも増えています。


結婚指輪は左手の薬指にはめる習慣になっていますが、婚約指輪と重ねてセットではめられるデザイン指輪もあります。


左手の薬指に指輪をはめることは「心に誓いを立てるとき。精神を高め、能力をアップさせる」という意味を表すとされています。長く身に付ける結婚指輪ですので、お互い納得いくお気に入りの指輪を選びたいものですね♪

お気に入りの結婚指輪を選ぼう!

幸せなパッピーライフのスタートは結婚。その幸せの約束ごとアイテムの結婚指輪。永遠の愛の証の結婚指輪の情報をお届けします。

結婚指輪は日本の結婚式の定番アイテムのひとつとなりました。ここ10年間のデータで結婚指輪は、97.0%の人が「購入した」と答えています。ということは、ほとんどのカップルが結婚指輪を購入しており、もはや日本の結婚式に欠かせないものです。

結婚指輪の平均購入額は2人分で約17万円。平均額は増加傾向にあるようです。2人で着ける結婚指輪は2人で選ぶというのが8割以上で、実際に指輪を購入した人の83.5%が2人で選んだと答えています。もはや一緒に選ぶのがスタンダードといえるでしょう。婚約指輪を2人で選ぶカップルも増えてきましたが、結婚指輪はそれを大きく上回っています。

結婚指輪(マリッジリング)は日頃から常に身に着けるものですので、飽きのこないシンプルなデザインがいいのではないでしょうか。女性はダイヤモンドをあしらったデザインを購入する人が多いですが、最近では男性でも増えています。
結婚指輪は左手の薬指にはめる習慣になっていますが、婚約指輪と重ねてセットではめられるデザインもあります。左手の薬指に指輪をはめることは「心に誓いを立てるとき。精神を高め、能力をアップさせる」という意味を表すとされています。ず〜っと身につけるものだから、お互い納得いくものを選びたいですよね。

結婚指輪の歴史

結婚指輪が交換されるようになったのは10世紀頃になります。
キリスト教が、結婚式で指輪交換を認めたことにより世界に広がったといわれています。この頃は、現在のように愛情の深さを表すものでは無く、結婚の約束を交わす意味合いが強かったようです。その後、歴史の流れの中で強さの象徴が鉄からゴールド(金)となり、石が付けられた指輪へと変化していきまた。その石も当初はルビー等が中心でした。

19世紀に入ると、結婚指輪も婚約指輪もゴールドからシルバーが中心となっていきます。結婚の神聖さが教会で重要視されたためで、この頃からドレスの色も白が中心となりました。その後、ヨーロッパやアメリカで、プラチナがジュエリーに使われるようになると、変色するシルバーから、永久に純白が保てるプラチナがブライダルリングの最高の素材として選ばれるようになります。

現在のようにダイヤモンドとプラチナが使われるようになったのは、20世紀初めのアメリカからです。その後、ヨーロッパへ広がり世界へと伝わっていきました。

ティファニー/ルシダ

ティファニールシダ banndo
シンプルながらも上品で優美な輝きをはなっているティファニーの結婚指輪(マリッジリング)ルシダ バンドリング。ダイヤモンドの婚約(エンゲージ)指輪とあわせると、いっそう美しさが引き立ちます。

ティファニー ルシダ バンドリング
素材:プラチナ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。