結婚指輪の素材

■プラチナ
結婚指輪で1番の人気です。なぜ結婚指輪(マリッジリング)にプラチナが人気なのかといいますと、プラチナ(PLATINUM、元素記号Pt、和名=白金)という金属が持つ特徴にあります。
プラチナは白金と呼ばれ、加工性に優れ、永久的に汗などで変色したり錆びることがありません。また肌にも優しいのでアレルギー反応を起こしにくい金属でもあります。
永遠の愛を誓うという意味を持つ結婚指輪(マリッジリング)にプラチナが結婚指輪(マリッジリング)や婚約指輪(エンゲージリング)の素材として最も人気となっているのです。
■ホワイトゴールド
プラチナに次いで人気が高く、優しい色合いが特徴です。ゴールドなのに白いのは、合金の際に加えるパラジウムなどの割合によって色が変化するという特徴を生かしたためです。強度や耐久性があり、柔軟性にも富んでいるため、いろいろなデザインが可能です。
■イエローゴールド
欧米では結婚指輪といえば、イエローゴールドが主流です。腐食しにくく、輝きが失われないことが特徴です。その不変性が人間を悪魔から守るとされ、のちにネックレスやリングになりました。
■ピンクゴールド
金とは思えないかわいいピンクの色合いを持つ素材です。女性に大人気なのですが、このピンクゴールドは、実は非常に加工が困難な地金なので、高い技術力を持つ職人でなければ作れません。

プラチナはゴールドなどに比べ産出量が少なく、希少価値の高い金属です。他の金属に比べると値段は高くなります。結婚指輪は一生の愛を誓う証。一生大切にできる結婚指輪を見つけてください。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。