手づくりの結婚指輪

結婚指輪は一生に一度のもの。二人で考え、思い出に残る結婚指輪ができたら幸せですね。


手作りの結婚指輪なら、シンプルなデザインで作ることが多いので、専門店やデパート等で買うより安くできます。


手作りは、指輪の本体にくる部分をまず地金を小型のローラーで延ばし、必要な長さや幅、厚みの板を作ります。その板を丸めて輪を作り、母材よりも低い融点に調整されたロウを使って溶接をし、その後、側面や表面をヤスリで整形します。


石座や石を留める爪なども地金から整形し、本体にロウ付けしてゆく。タガネと呼ばれる金属用の彫刻刀で唐草や文字などの装飾を行うことも多く、これを彫金と言う。


結婚指輪

結婚指輪の最近の流行として、日頃から常に身に着けるものですので、飽きのこないシンプルなデザインが人気ですよ。


女性はダイヤモンドをあしらったデザインを購入する人が一番多いですが、最近は男性でも増えています。


結婚指輪は左手の薬指にはめる習慣になっていますが、婚約指輪と重ねてセットではめられるデザイン指輪もあります。


左手の薬指に指輪をはめることは「心に誓いを立てるとき。精神を高め、能力をアップさせる」という意味を表すとされています。長く身に付ける結婚指輪ですので、お互い納得いくお気に入りの指輪を選びたいものですね♪

お気に入りの結婚指輪を選ぼう!

幸せなパッピーライフのスタートは結婚。その幸せの約束ごとアイテムの結婚指輪。永遠の愛の証の結婚指輪の情報をお届けします。

結婚指輪は日本の結婚式の定番アイテムのひとつとなりました。ここ10年間のデータで結婚指輪は、97.0%の人が「購入した」と答えています。ということは、ほとんどのカップルが結婚指輪を購入しており、もはや日本の結婚式に欠かせないものです。

結婚指輪の平均購入額は2人分で約17万円。平均額は増加傾向にあるようです。2人で着ける結婚指輪は2人で選ぶというのが8割以上で、実際に指輪を購入した人の83.5%が2人で選んだと答えています。もはや一緒に選ぶのがスタンダードといえるでしょう。婚約指輪を2人で選ぶカップルも増えてきましたが、結婚指輪はそれを大きく上回っています。

結婚指輪(マリッジリング)は日頃から常に身に着けるものですので、飽きのこないシンプルなデザインがいいのではないでしょうか。女性はダイヤモンドをあしらったデザインを購入する人が多いですが、最近では男性でも増えています。
結婚指輪は左手の薬指にはめる習慣になっていますが、婚約指輪と重ねてセットではめられるデザインもあります。左手の薬指に指輪をはめることは「心に誓いを立てるとき。精神を高め、能力をアップさせる」という意味を表すとされています。ず〜っと身につけるものだから、お互い納得いくものを選びたいですよね。

結婚指輪の歴史

結婚指輪が交換されるようになったのは10世紀頃になります。
キリスト教が、結婚式で指輪交換を認めたことにより世界に広がったといわれています。この頃は、現在のように愛情の深さを表すものでは無く、結婚の約束を交わす意味合いが強かったようです。その後、歴史の流れの中で強さの象徴が鉄からゴールド(金)となり、石が付けられた指輪へと変化していきまた。その石も当初はルビー等が中心でした。

19世紀に入ると、結婚指輪も婚約指輪もゴールドからシルバーが中心となっていきます。結婚の神聖さが教会で重要視されたためで、この頃からドレスの色も白が中心となりました。その後、ヨーロッパやアメリカで、プラチナがジュエリーに使われるようになると、変色するシルバーから、永久に純白が保てるプラチナがブライダルリングの最高の素材として選ばれるようになります。

現在のようにダイヤモンドとプラチナが使われるようになったのは、20世紀初めのアメリカからです。その後、ヨーロッパへ広がり世界へと伝わっていきました。

結婚指輪を選ぶポイント

ブライダルリングは、他のジュエリーに比べてずっと長く付き合あうジュエリーです。
絶えず身に着けるものですが、いつまでも初めて指に通した時のような新鮮な気持ちを持っていたいですよね。いつもと違う薬指を演出するには、リングの重ね着けがおすすめ。シンプルなプラチナのマリッジリングにダイヤモンドのエタニティリングを合わせて、エレガントで洗練されたイメージに。そしてお気に入りのカラーストーンリングを合わせれば、ぐっと華やかな印象になります。気分に合わせて、プラスするリングのイメージを変えれば、マリッジリングをファッションの一部としていつも楽しむことができますね。
エンゲージリングもせっかくですから、しまい込まずに着けこなしたいですよね。特別感が強く、日常的に使いにくいデザインの場合は、プラチナのチェーンに通して、胸元に輝かせるのがおすすめ。ハートに近い位置で光るリングは、まるで宝物のような雰囲気に。チェーンのバリエーションを増やし、ファッションに合わせてコーディネートするのもおすすめです。

結婚指輪(マリッジリング)にプラチナが一番人気です。なぜ人気
なのかといいますと、プラチナ(PLATINUM、元素記号Pt、和名=白金)という金属が持つ特徴にあります。プラチナは白金と呼ばれ、渋みがあり高級感のある白い色をしています。加工性に優れ、長い年月、肌に着けていても、汗などで変色したり錆びることがありません。また肌にも優しいのでアレルギー反応を起こしにくい金属でもあり、それらのことがジュエリーの素材に使われる大きな要因となっています。そして何よりも、何年たっても色あせないということが、永遠の愛を誓うという意味を持つ結婚指輪(マリッジリング)にぴったり当てはまります。今日プラチナは、結婚指輪(マリッジリング)や婚約指輪(エンゲージリング)の素材として最も人気となっています。

結婚指輪の人気ブランド

結婚指輪(マリッジリング)の人気ブランドは婚約指輪(エンゲージリング)同様、カルティエ、ティファニー、ブルガリです。
結婚指輪(マリッジリング)は日頃から常に身に着けるものですので、飽きのこないシンプルなデザインが選ばれています。しかし毎日つけるものだから存在感のあるものを身に付けたいと、女性でダイヤモンドをあしらったデザインを購入する人が多くなりました。最近では男性でも増えてきているようです。また女性の場合ですと、せっかくの婚約指輪を、特別な日にだけつけるのはもったいないと、結婚指輪(マリッジリング)を重ねづけできるデザインのセットリングも人気があって、おススメです。

カルティエ:エンゲーメントリングの台座にプラチナを採用したのがカルティエでした。上質な宝石と、その宝石の美しさを最大限に引出しているのが、世界中の女性の心をつかんでいます。

ティファニー:時代を超えて愛されているのがティファニーです。洗練されたデザインは女性の人気の的です。
ブルガリ:時代の先をゆく、斬新なデザインで定評のあるイタリアの名門ブランドです。個性的で、自分らしさにこだわる女性におススメです。

結婚指輪の素材

■プラチナ
結婚指輪で1番の人気です。なぜ結婚指輪(マリッジリング)にプラチナが人気なのかといいますと、プラチナ(PLATINUM、元素記号Pt、和名=白金)という金属が持つ特徴にあります。
プラチナは白金と呼ばれ、加工性に優れ、永久的に汗などで変色したり錆びることがありません。また肌にも優しいのでアレルギー反応を起こしにくい金属でもあります。
永遠の愛を誓うという意味を持つ結婚指輪(マリッジリング)にプラチナが結婚指輪(マリッジリング)や婚約指輪(エンゲージリング)の素材として最も人気となっているのです。
■ホワイトゴールド
プラチナに次いで人気が高く、優しい色合いが特徴です。ゴールドなのに白いのは、合金の際に加えるパラジウムなどの割合によって色が変化するという特徴を生かしたためです。強度や耐久性があり、柔軟性にも富んでいるため、いろいろなデザインが可能です。
■イエローゴールド
欧米では結婚指輪といえば、イエローゴールドが主流です。腐食しにくく、輝きが失われないことが特徴です。その不変性が人間を悪魔から守るとされ、のちにネックレスやリングになりました。
■ピンクゴールド
金とは思えないかわいいピンクの色合いを持つ素材です。女性に大人気なのですが、このピンクゴールドは、実は非常に加工が困難な地金なので、高い技術力を持つ職人でなければ作れません。

プラチナはゴールドなどに比べ産出量が少なく、希少価値の高い金属です。他の金属に比べると値段は高くなります。結婚指輪は一生の愛を誓う証。一生大切にできる結婚指輪を見つけてください。

あなたに似合う結婚指輪

一生に一度の宝物の結婚指輪。ずっと見につけていられる
そんな指輪を見つけたいですよね。結婚指輪のデザインや
種類はたくさんあります。その中から、自分の指に合った
指輪を選ぶこともポイントのひとつに入れましょう。

■長い指に似合う結婚指輪
幅の広いリングや、指を美しく見せるシンプルな指輪がお
すすめです。
■細い指に似合う結婚指輪
細身でデザイン性のある指輪や、モチーフリングがおすす
めです。
■太い指に似合う結婚指輪
指の太さを感じさせないためには、ボリュームのある指輪や
S字・U字のデザインがおすすめです。
■短い指に似合う結婚指輪
縦のラインを強調するデザイン、V字やU字、ゴールドとのコンビタイプがおすすめです。

結婚指輪を注文してからのスケジュール

結婚指輪を選ぶ→左手くすり指のサイズを計る→販売店がメーカーに発注→メーカーで在庫確認を確認し、あれば発送→販売店に着→サイズ確認→メーカーで刻印を入れ他のオプション加工をする→メーカーより販売店に発送→お客様にお渡し

このような流れになります。通常ファッションリングなどを購入した場合は、サイズが合わない時にサイズ直しをしますが、結婚指輪は、基本的にサイズ直しをしません。(この限りではありません)
各サイズの型があって、かりに9号だとすると9号の在庫を確認します。確認して在庫があれば通常10日程度で手元に届きますが、欲しいサイズの在庫が無くなっていた場合、新たに作成します。 ブランドによっては日数が異なりますが、長くかかるブランドで約1ヶ月半の日数が必要となります。サイズを計る時に指にむくみがある場合なども考慮しての期間も必要です。先ほどの2倍の日数を確保しておかないと最悪の場合、希望のデザインでサイズフィットした結婚指輪が、大切な日に間に合わなくなる可能性があります。ですので、余裕を持って指輪を選びましょう。
ただし、あまり早すぎると指のサイズが結婚式までに変わるなんてことがあるかもしれませんので、気をつけましょうね。

結婚指輪の入手パターン

結婚指輪を手にするにはいろいろな方法があります。
■レディメイド
既製品のこと。実際に指輪をはめて見て購入できるので安心感があります。サイズ調整や取り寄せが必要な場合もあるので、2ヶ月前にはお店で相談をすることをお勧めします。
■セミオーダー
エンゲージを購入する際、石(ダイヤなど)と枠を別々に選んで組み合わせるシステムのこと。石の大きさや品質にこだわりたい人にはおすすめで、最近利用する人が多いです。
■フルオーダー
オーダーメイドのこと。すべてオリジナルでデザイン画から始まるため時間はかかりますが、満足度も大きいです。婚約指輪も結婚指輪も、世界中でふたりだけの指輪が出来上がります。
■リフォーム
親から譲り受けたものなど、手持ちの指輪を違うデザインのものに作り替えること。リフォームでの作製工程やスケジュールはフルオーダーの場合とほぼ同じです。

結婚指輪はただのアクセサリーとは違いますよね。これからの人生をこの指輪と共にしていくのです。一生のモノだけに、指輪選びは絶対に後悔しないよう、あなたの手にピッタリな結婚指輪を選びましょう。

結婚指輪データー

結婚指輪は教会式はもちろんですが、神前式挙式でも指輪の交換が定着し、日本の結婚式の定番アイテムのひとつとなりました。ここ10年間のデータで結婚指輪は、97.0%の人が「購入した」と答えています。ということは、ほとんどのカップルが結婚指輪を購入しており、もはや日本の結婚式に欠かせないものです。
結婚指輪の平均購入額は2人分で約17万円。平均額は増加傾向にあるようです。男性用、女性用の2つを用意します。2人で着ける結婚指輪は2人で選ぶというのが8割以上で、実際に指輪を購入した人の83.5%が2人で選んだと答えています。もはや一緒に選ぶのがスタンダードといえるでしょう。婚約指輪を2人で選ぶカップルも増えてきましたが、結婚指輪はそれを大きく上回っています。ず〜っと身につけるものだから、お互い納得いくものを選びたいですよね。

指輪の製造方法

指輪の製造には鋳造法とハンドメイド、鍛造法がありますが現在の主流は結婚指輪をはじめとするほとんどのジュエリーが鋳造法のうち、ロストワックス法と呼ばれる方法で作られています。

■ロストワックス法
まず原型を金属(加工が簡単でコストが安い銀が多い)でつくり、それを元にゴム型を作成する。できたゴム型にワックス(蝋)を流しこみ、原型と同じ形のワックス原型を何本も複製する。このワックス原型をツリー状に接着し、できたツリーを耐火石膏の中に埋没させ、石膏が固まるまで乾燥させる。乾燥後、加熱してワックスを溶かし、排出(それでロストワックス法といわれる)。ワックスが流れ出た後には原型と同じ空洞が生まれるので、その中に金やプラチナなどの地金を流し込む。地金が固まったら耐火石膏を割って、複製された金やプラチナなどのアイテムを取り出し、表面を磨いて仕上げする。
原型さえ作れば何本でも同じものを複製できるので、コストがかからず大量生産しやすい。

結婚指輪をじはじめとするジュエリーの製造の基本はあくまでもハンドメイドですが、市場ニーズが増大した現在ではこの方法が製造の主流となっています。

引用:フリー百科事典(ウィキペディア)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B5%90%E5%A9%9A%E6%8C%87%E8%BC%AA

婚約指輪と結婚指輪

婚約指輪はローマの古い時代からあり、初め鉄製であったのが2世紀ごろから金製になった。5世紀頃から結婚指輪をする習慣が生じ、11世紀頃からは教会の結婚儀式に組み入れられた。これは今日もっとも普通に見られる指輪で、婚約指輪はダイヤモンドか誕生石、結婚指輪は飾りの無い金製の甲丸型が多い。

その他の指輪
欧州の中世を通じて有名な「司教の指輪」は認印の指輪から発達したものといわれ、新司教が就任するとき、恭しい儀式を以って司教杖とともに渡された。7世紀初頭頃から一般的になり、1194年、インノケンティウス3世の時にこの指輪は金製でなんの彫刻も施してはならないことになったが、あまり守られず、後世司教たちの棺から発見された指輪には様々な彫り込みが見られる。

引用:フリー百科事典(ウィキペディア)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B5%90%E5%A9%9A%E6%8C%87%E8%BC%AA

指輪の種類

■ファッションリング
服飾を目的とする指輪。小指に嵌めるピンキーリング、卒業校から記念に斡旋されるカレッジ(スクール)リングなど。左手薬指以外に嵌める。
■インタリオリング
認印付き指輪。嵌めたまま捺すのではなく、捺印の時は外して手に持つ。
■婚約指輪
婚約するとき(または婚約したあとで)、男性から女性に贈られる指輪。
俗に“値段は給料の3ヶ月分”と、デ・ビアス社がCMをした為に根づいたもの。ヨーロッパでは2ヶ月、米国では1ヶ月でCM戦略をとったという。現在日本では、独身男性の平均所得の給料1ヶ月〜2ヶ月半分というのが一般的。
通常、左手の薬指にはめる。結婚式当日には、右手の薬指にはめたあとで、式の途中で左手の薬指にはめ直す。結婚した後は、結婚指輪と重ねて左手にはめることもある。
■結婚指輪
結婚した夫婦がひとつずつはめる指輪。日本では左手の薬指が一般的だが、国や宗教によっては右手の薬指にはめる事もある。昭和40年頃まで日本ではポピュラーでは無かった習慣であるが、生活の欧米化に伴い増加した。また、紐を通して首から下げるカップルもいる。

引用:フリー百科事典(ウィキペディア)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B5%90%E5%A9%9A%E6%8C%87%E8%BC%AA

結婚指輪のサイズ

結婚指輪のサイズの表示は各国により異なっているため、ISO(国際標準化機構)により、ISO 8653として国際的に標準化・統一化が進められている。日本国内においても、ISO 8653に準拠したJIS規格(S4700)が1998年に制定され、2002年より普及が始まっている。しかしながら普及は徐々に進みつつある中であり、混乱を防ぐために現在も、結婚指輪は従来からの日本慣習のサイズ表記(JCS=Japan Custom Size)が併用されている。

ISO(JIS)規格表記では、リングの直径が1/3mmずつでとられ、それを基に、最小41mm〜最大76mmまでの間で、指輪の内周の値に最も近い整数として表記される。サイズ表記の方法としては、「指輪のサイズは、対応国際規格の番号に続けて、その指輪の測定内周を四捨五入した最も近いミリメートルの整数値で表示しなければならない。」と規定されており、例えば、内周43mmの指輪をサイズ表示する際には、 「ISO8653-43」となる。

ヨーロッパ諸国では、ISO規格か、或いはその数値から40を引いたヨーロッパサイズを採用しており、イギリスではISO規格に準拠して1987年に改訂された、アルファベットを割り当てたスタンダード6820規格を採用している。英国サイズは、ニュージーランド、オーストラリア、南アフリカなどでも用いられている。

結婚指輪のサイズをX番と呼ぶことも、X号と呼ぶこともあるが、社団法人日本ジュエリー協会(JJA=Japan Jewellery Association)では、「JISサイズは『○号』、JCSサイズは『○番』と呼ぶことが 間違いをおこしにくいと「号」と「番」との意図的な使い分けを推奨している。

引用:フリー百科事典(ウィキペディア)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B5%90%E5%A9%9A%E6%8C%87%E8%BC%AA

歴史ある結婚指輪

婚約指輪の風習はローマの古い時代からあるとされ、初め鉄製であったのが2世紀ごろから金製になったと言われています。そして、5世紀頃から結婚指輪をする習慣が生じ、11世紀頃からは教会の結婚儀式に組み入れらました。日本の風習では、婚約指輪はダイヤモンドか誕生石、結婚指輪は飾りの無い金製の甲丸型が多いようです。結婚した夫婦が1つずつ左手の薬指にはめるのが一般的です。左手の薬指にはめる指輪の意味は「心に誓いを立てるとき。精神を高め、能力をアップさせる。」とされています。国や宗教によっては右手の薬指にはめる事もあります。昭和40年頃まで日本ではポピュラーでは無かった習慣です。一昔前は、結婚指輪は仲人、母親と男性とが同行して、予算を優先して購入するというスタイルが普通でした。しかし、近年の結婚指輪を選ぶスタイルとしては、結婚する二人の間で決められるのが殆どで、結婚指輪以外でも二人で進めていく事が主流になっているようです。
結婚指輪は、歴史があり、日本でも年々新しいデザインが増えていき、結婚指輪の選択肢も多くなってきました。婚約指輪は、婚約後から着ける事ができ、結婚式の日までつける事ができます。対して結婚指輪は結婚式の日から身につける事ができます。結婚指輪は結婚後、普段から身に着けることになりますので、ライフスタイルを考えながら選ばなくてはなりません。
現在、結婚指輪はティファニー、カルティエ、ブルガリ、ハリー ウィンストンなどのブランドが人気を集めています。

結婚指輪の起源

結婚の日に二人が交換する結婚指輪(マリッジリング)の起源はローマの古い時代からあり、初め鉄製であったのが2世紀ごろから金製になりました。5世紀頃から左の薬指には心臓から直接血が通っていると信じられており、花嫁の薬指に結婚指輪をはめる習慣はここから来ていると言われています。11世紀頃からは教会の結婚儀式に組み入れられました。これは今日もっとも普通に見られる指輪で、婚約指輪はダイヤモンドか誕生石、結婚指輪は飾りの無い金製の甲丸型が多いです。

引用:フリー百科事典(ウィキペディア)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B5%90%E5%A9%9A%E6%8C%87%E8%BC%AA

結婚指輪とは

指輪(ゆびわ)は、手の指にはめる輪状の装飾品。宝石を付したものもある。稀に足の指にはめるものもある。歌詞や題名などの固有名詞には「指環」と表記されることもある。

結婚指輪の素材は主に金属で金、銀、プラチナなどの貴金属が多い。

有史以来存在し、はめる指により指輪に意味があるとされる。左手の薬指につける指輪は「結婚指輪」とされ「聖なる誓い」の意味が付される。結婚指輪については右手の薬指につける国や地域もある。古代ローマにおいては印鑑として用いられた。

引用:フリー百科事典(ウィキペディア)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B5%90%E5%A9%9A%E6%8C%87%E8%BC%AA
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。